最近の傾向

Funeral

納骨堂を使うと決めたなら

最近、お墓を買わずに納骨堂の利用を 選択する人々が増えている。 お墓に比べ、納骨堂には制約が少ない。 承継者を必要としない。 利用面積も多くは必要としない。 お墓の面倒をみてもらう身内のいない人が 多く利用するのもうなずける。 さて、では納骨堂はどうやって見つけるか。 今日ではとても多くの業者がホームページを 表示させているので、それらのホームページを 検討して決めるのもいいだろう。 だが、ホームページを持たない優秀な業者も いないとはかぎらない。 いわゆる口コミで評判のよい業者を探して その中から納骨堂を決定するということも できる。 知人から紹介してもらう人もいるかもしれない。 紹介された業者だと、安心な点も多いが、 契約後にトラブルが発生しても知人の手前、 強くこちらの意見を言えないこともあるかもしれない。 紹介者との人間関係に影響をおよぼす可能性もあり得るので 他の納骨堂の検討も視野に入れたうえで対処されることが 妥当とおもわれる。

お墓選びの選択肢として

納骨堂には承継者が必要ない。 交通のアクセスのよい場所にあることが多く、 屋根のある建物の中に収容されているので おまいりするのに天気を気にしなくてよい。 一定期間が経過して後継者がいなくなると 合祀墓で永代供養されるので、無縁仏になることを 心配しなくてよい。 使用権と管理費程度のみを支払えば利用できるので お墓を購入することを思えば、費用を抑えることができ、 非常に経済的である。 自分が亡くなった後のことを心配せずにいられると いうことで、納骨堂を利用する人々が増加傾向にあるのも 当然のことといえよう。 ただ、お墓では可能なことが納骨堂ではできないと いうこともないわけではないので、契約前に しっかりと確認した上で決められるとよいと思う。