具体的なサービス

Funeral

いつでも手ぶらでお参りができる

近頃、お墓のことを早くから考えておこう、という風潮が生まれてきています。 しかし、交通の便や施設の機能など、考えなくてはならないことはたくさんあります。 納骨堂は、いわば室内のお墓です。天気を気にせずにお参りできることがメリットといえます。 従来、棚やロッカータイプのもの、プライベートな参拝壇がそなえつけられた仏壇型のものなどが主流でしたが、近年話題になっているのが「機械式」の納骨堂です。 機械式の立体駐車場と似たような構造で、お参りするときに自分の家族のものが自動で送られてくるしくみとなっています。 納骨堂は、屋内であることはもちろんですが、それ以外のサービスも豊富です。 故人の写真や映像を映し出せるディスプレイがあったり、同じビルの中に会食に使えるホールがあるなど、納骨堂ならではのメリットもたくさんあります。

納骨堂の利用価格はどのくらいか

納骨堂の価格は地方によっても変わるため一概にはいえませんが、永代供養のついた寺院の場合でひとり50万円ほど、家族で利用するなら100万円ほどを見込んでおくとよいでしょう。 管理費は別途かかることもあれば、最初に支払う費用に管理費も含まれていることもあります。 また、利用期間を終えたあとのお骨の扱いがどうなるかなども併せて事前に確認してみてください。 納骨堂の価格に、高いという印象を持つかたもいらっしゃるかもしれませんが、それでも一般的なお墓を利用する場合の三分の二ほどにコストを抑えることができます。 もちろん、形にこだわらなければもっと費用を抑えることも可能です。 自分たちの生活スタイルに合わせながら、供養の気持ちも忘れずにいたいですね。